記事一覧

『横須賀歌麻呂の"YARI-MAN HUNTER"ネタバレ捏造撮影日誌』vol.1


10月14日 土曜日 曇り時々雨

横須賀歌麻呂映画製作プロジェクト 『YARI-MAN HUNTER 〜やりまんハンター (仮題)』クランクイン。

映画なんて見たことしかないド素人が、見切り発車の出たとこ勝負でゼロから始めた映画製作プロジェクト。

ホントに色んな事があって何度も座礁しかけたけど、なんとかクランクインに漕ぎ着けられてほっとひと安心すると同時に武者震いに襲われる。

勝負はこれから。

アメリカ・ミシガン州 デトロイトにて撮影スタート。

アメリカ国防総省全面協力のもと、コークスクリュー手まんちょでアメリカを滅亡の危機から救うクライマックスシーンの撮影。

コークスクリュー手まんちょは動きが派手なのでやっている男の方は気分がいいかもしれないが女の方は痛いだけで気持ち良くないなどと言われているが、痛くても気持ちいいフリをしてくれてホテル代も出してくれてマン毛が濃くて優しい女が俺は好きだ。

夕方から茗荷谷に移動。

真犯人のカイザー・ソゼ役のガッポリ建設小堀敏夫さんが圧巻の演技を披露する。

この役を演じる為に、あえて稼ぎを全てギャンブルにつぎ込んで無一文となり、近所のお寺の柿の木から柿を盗んで食べて、何日も何日も柿だけしか食べずに体重を20㎏落として役作りをして撮影に臨んでくれた小堀さんの役者魂には畏敬の念を抱かずにはいられません。

小堀さんはイメクラに行って恋をしてまたすぐに行って指名してプレイはせずに話だけして帰ってくる本格派の男の中の男です。

心強い共演者とスタッフに支えられて幸先の良いスタートを切る。


クランクインしちゃいました!



ガッポリ建設 小堀敏夫
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント